水道橋ひふ科クリニック

水道橋ひふ科クリニック

MENU

診療案内

SUIDOBASHI DERMA CLINIC

水虫


水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が足の皮膚に入り込んで発症する疾患です。白癬菌の増えやすい夏に症状の悪化がよく見られるのが特徴で、足白癬は趾間型、小水疱型、角質増殖型に分類されます。

趾間型は、足指の間の皮膚がふやけたように白く濁り、痒くなるのが特徴です。

冬は症状が治まりますが、夏になると再発し、2次的に細菌感染を併発しやすいタイプです。

小水疱型は、土踏まずや足の縁などに小水疱が多発します。これも夏に悪化し、痒みを伴います。

角質増殖型では、足の裏から縁にかけての広い範囲で皮膚が厚くなり、冬のほうが、乾燥でひび割れ等を起こしやすくなります。

治療は病態に応じて、塗り薬や内服薬を使います。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ